読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sanpo@Spain

さくせん ▶︎いのちをだいじに

Night12 惜別の祝杯

縁とは不思議なもので。
3日間で6回も遭遇したベシベシおじさん。なんと、夕飯を食べに街に出たら、また向こうから歩いてきた! 抱き合ってベシベシし合う。これで7回目の遭遇。なんだか不思議だ。彼はこれからミサに行くと言う。自分は朝に行ったよ、と伝えお別れ。本当に不思議だ。

 

今夜は祝杯!
まずはtripadvisorで評判の良かった、入り口の暗いシーフードレストランへ。

f:id:moriyamasanpo:20170120061450j:image

f:id:moriyamasanpo:20170120061313j:image

f:id:moriyamasanpo:20170120061321j:image

ガリシア名物のムール貝タコ

 

それから店を変え、同じく評判のいいバルへ。

f:id:moriyamasanpo:20170120061327j:image

ここはお通しのスパニッシュオムレツが評判。周りを見ても飲み物とこのオムレツしかテーブルにない。これで1.8ユーロ。安いなぁ。

締めは、ホテルの近くでいつものスープ。

f:id:moriyamasanpo:20170120061334j:image

食べ納めだと思うとさみしい。このジャガイモとインゲン豆の入ったガリシア風スープ、1週間で5回食べた。思い出の味。

 

自分はクリスチャンではないけれど、この巡礼では、宗教的な意味合いを持って歩いていた。歩くのを始めたオビエドは、かつてレコンキスタが起こった都市。このオビエドから始まるCamino Primitivoはその名の通り、最初のCaminoである(なお、スペイン国内には57のCaminoがある!)。かつて、サンティアゴを目指し、当時の国王が歩いた道。トレッキングの要素が強いCaminoであるが、やはり道自体が"霊験あらたか"な道である、と信じたい。

 

今日のミサで近くに座ったイギリス人男性と少し話した。彼は普段、大英博物館でエジプトの研究をしているのだが、毎年ボランティアでサンティアゴに来て巡礼者の世話をすると言う。彼自身、10回Caminoを歩いたそうだが、その中で知り合った日本人女性とイタリア人男性を引き合わせたところ、2人は恋に落ち、今はイタリアで暮らしているらしい。

 

ホテルにチェックインし、道中で一緒になった瞑想兄にFacebookで、今日無事に着いたよ、と報告すると、彼は1日休んで復活し、明日サンティアゴに到着する見込みだ、と返事があった。

 

実は旅に出る前は"出会い"に期待はしていなかった。1人で完結できると思っていた。それが、当たり前のことであるが、1人では何も出来ないことに気付かされ、仲間と過ごす時間の大切さを改めて知った。なんて、最後に少ししんみりとした気分。。。

 

たった12日間、されど12日間。とにかく、いい体験を与えてもらえました! 10日ぶりのビールは、旅の終わりのさみしさもあり、予想以上に身体に染みます。

 

おしまい