読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sanpo@Spain

さくせん ▶︎いのちをだいじに

Day9 Buen Caminoという言葉

今日泊まったアルベルゲは、部屋の電気が7時に自動点灯し、なんだか強制的に起こされる。瞑想兄は不満そうだが、こちらはまぁ、起きていたので不自由はない。

 

いそいそと準備をし、瞑想兄に「先に行くね」と挨拶。再会を約束しながら、最後は「Buen Camino」という言葉でお互い締める。

 

このBuen Caminoという言葉は、巡礼者に向けてしばしば送られる。「サンティアゴまで良い旅を」という具合なのだが、言われると非常に心地よい。自分は巡礼者なんだ、と自覚させられ、且つ応援させているような気分になる。さらに、ドラクエで言うところの「神のご加護のあらんことを」みたいな福音にも感じられ、冒険気分も高まる。

 

街を歩いたり、バルでコーヒーを飲んでたりしても、時折「Buen Camino」と、声をかけてくれたりするが、概ねそういう人はニコニコしていて、こちらも気分が良くなる。今日もそんな人に出会った。

 

今日は雨もあまり降らず、かといって日も出ず、歩きやすい1日。残り100キロを切り、後半戦になったところで、あと4日間の計画を立てる。その結果、今日は34キロの長丁場を歩くことにした。しかも大きな街Lugoから、店がない小さな村を歩きついで行くため、栄養補給に計画性が必要となる。

 

Lugoを出て5時間。27キロくらいの辺りで、今日唯一見つけたバル。そこで遅めの昼ご飯を食べることにした。しかし、全く英語は通じない。何とか食事を出してもらうことに成功し、お肉と卵とジャガイモを食べた。

f:id:moriyamasanpo:20170117025033j:image

 

一通り食べ終わったところで、「ゲソ、ゲソ」というので何事か??という顔をしていたら、中から出てきたのは、大きなカットのチーズ。

f:id:moriyamasanpo:20170117025047j:image

あー!Quesosだったのか!なるほど!!
この辺りは酪農が盛んらしく、チーズが名産。きっとおいしいのだろうが、、、どうしてもこのチーズは食べられない。。。申し訳ない顔で謝る。

 

それでも、コーヒーのお代わりを勧めてくれたり、一本水をサービスしてくれたり、とすごく良くしてくれた。そしてその最後には、満面の笑みと「Buen Camino」の挨拶。とても元気の出る昼食となった。

 

f:id:moriyamasanpo:20170117025105j:image

気分のいい午後のCamino